女性版のバイアグラとしても最近知名度が上がっているラブグラですがどういった方に使うのが最適で、どのような効果が出るのか知らない方がまだ多いと思います。当サイトではそんなラブグラについて解説をします。

2016年08月の記事一覧

安心な性行為のためのラブグラ

セックスがうまくできないという場合、心細くなるものです。今までは普通に感じられていたのに、いつからかうまく感じられなくなるということもあり得ます。
男性の場合は、ED(勃起障害)を起こす可能性は誰にでもあります。これと同様に、女性ならFSD(女性性機能障害)が起こる可能性は誰にでもあります。
ED治療の専門機関はだいぶ多くなってきましたが、FSDはその名前自体もあまり知られていません。知らない女性のほうが多いくらいでしょう。
また、男性のEDには有効な治療薬が出回っています。初代のED治療薬バイアグラを始め、改良を加えたり、他の良い点を加えたような薬も続々開発されています。
しかし、女性のFSDに対してはまだ病気のイメージが浸透していなくて、婦人科などを受診しても「異常なし」と言われて追い返されてしまうケースも少なくありません。
それに対して、最近では女性用バイアグラと呼ばれる、不感症やオーガズム不全のための薬が登場しています。ラブグラという薬で、ネットの個人輸入で手に入れることができます。
ラブグラとバイアグラの作用機序は同じです。
血管拡張物質のcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質を壊してしまうPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを邪魔して、血管拡張が維持されるようにします。
男性の場合はそれによりペニスにたくさん血液が流入してEDが解消されます。
女性の場合は膣の毛細血管にたくさんの血液が流れ込むようになり、膣が濡れやすくなります。これによってペニスの挿入の際に生じていた性交痛を緩和させる効果も期待できます。
あくまで血流を良くする薬なので、脳への副作用などの心配がないのがメリットです。

続きを読む