女性版のバイアグラとしても最近知名度が上がっているラブグラですがどういった方に使うのが最適で、どのような効果が出るのか知らない方がまだ多いと思います。当サイトではそんなラブグラについて解説をします。

2016年10月の記事一覧

不感症を克服できるラブグラは持続力の高さも魅力

「自分が不感症なのでは・・」と、悩んでいる女性は少なくありません。
セックス時に性的な快楽を得られなかったり、痛みを覚えるという場合、不感症と言われています。
不感症にも色々なタイプがあり、セックス自体に不快感や嫌悪感を抱いていると不感症になりやすいようです。
また、精神的な問題だけでなく、身体的な問題で不感症を起こすケースもあります。
膣内が濡れにくくなると挿入時やピストン時に、強い痛みを感じます。
痛みがストレスとなり、不感症となってしまうのです。
他にはオーガズムを感じた事が無い、感じにくくなったという方もセックスがストレスとなりがちです。
このように、身体的な問題で不感症となっている場合、ラブグラで克服する事が可能です。
ラブグラは女性用バイアグラと言われている内服薬で、不感症や性的刺激を感じにくいといった症状を緩和する効果が期待出来ます。
服用すると女性器周辺の毛血流がアップし、膣内が濡れやすくなるのです。
しっかり塗れると挿入時などの痛みは大きく改善され、痛みによるストレスが無くなります。
また、血行が良くなると神経も過敏になり、より性的刺激を感じやすくなる為、オーガズムに至りやすくなるのです。
しかも、ラブグラは持続性の高さも魅力です。
セックスの30分から1時間前に服用すると、効果は4時間から6時間程度も続くと言われています。
痛みや感じないといったセックスの苦痛は、女性にとって大きなストレスとなります。
苦痛のあまりセックスを避けてしまう女性もいる程です。
ですが、セックスを避けるあまりパートナーとの中が、険悪になってしまうケースも少なくありません。
ラブグラを上手く活用して、よりパートナーとの距離を縮めましょう。

続きを読む