女性版のバイアグラとしても最近知名度が上がっているラブグラですがどういった方に使うのが最適で、どのような効果が出るのか知らない方がまだ多いと思います。当サイトではそんなラブグラについて解説をします。

2017年04月の記事一覧

QOL向上の種類の薬ラブグラ|糖尿病でFSDに?

ラブグラは、QOL(生活の質)を向上させる種類に分類される薬です。男性のED治療薬もこれと同じ分類に入ります。
普段のSEXをより良いものにさせるのが目的で使われることもありますが、FSD(女性性機能障害)という女性の性機能障害の治療薬として用いられることもあります。
男性のEDの原因は、動脈硬化や糖尿病など血管障害で起こることが多いです。
これに対してFSDは心理的な問題が原因で起こることが多いですが、男性のように糖尿病のような血管障害を引き起こす病気が原因で起こることもあります。
糖尿病になると、血管や神経がブドウ糖によって損傷を受けるために機能が落ちていきます。損傷のレベルが低ければ良いですが、ボロボロになって機能しなくなると、性的刺激を受けても神経を介して信号が行かず、不感症になってしまう可能性があります。
また、血流が悪くなることで女性器周辺の血流が少なくなり、不感症になったり、膣の潤いが足りなくなることもあります。
糖尿病は、SEXに対して大きな影響を及ぼす病気です。
男性の場合は、糖尿病で血管や神経が傷つけられても、損傷の程度が低ければED治療薬を使えば正常に勃起できる可能性があります。
同様に、女性も糖尿病で血管や神経がやられても、程度が低ければラブグラで正常に濡れることができる可能性があります。
しかし、損傷のレベルが高すぎてほとんど神経が機能しない場合には、ラブグラを使っても感度が上がらない可能性が高いです。
糖尿病を患っていて、SEXに支障が出ているという場合には医療機関を受診するようにしましょう。女性用の医療クリニックも登場しているので、そこでならば周りの目をあまり気にせず治療をすることができます。

続きを読む